« ミルキィホームズ Road to Final in 仙台!! | トップページ | キャラエキスポ2018 in USA -イベント編- »

2018年12月23日 (日)

ミルキィホームズ Road to Final in 大阪!!!

2018年10月26日に開催されました『ミルキィホームズ最終道in大阪』のレポートです。
会場はZepp大阪ベイサイド。USJから一駅先に位置します。
前回の仙台に引き続いてオールスタンディングでのライブでした。

【前説】
おなじみとなった木谷高明氏が登場。
ポジションゼロに立ち、語る宣伝の内容はミルキィだったりミルキィじゃなかったり。

【本編】
01.ミルキィ A GO GO
02.パーティーパーティー!
03.プロローグは明日色

「大阪―!」
「平日ー!」
「仕事帰りの人ー」 
「仕事サボった人ー」(結構な人が手を挙げる)
「由々しき事態ですよ、これは」
「仕事は明日でもできるけどさ」
「ライブは今日しかないもーん!」
「みんなの熱気で顔がびしょびしょ」
そらまるの顔を拭く仕草をするみころん。
はやしたてる橘田さん。
「すごい圧迫感ある」
「最前に親子がいらっしゃるんで・・・」
「しんどかったら手を挙げてくださいね」
「しかも囚人服がいっぱいいるから」
「釈放して欲しい人みたい」
「プリズン感ある」

「もうこれが終わったらアレだからさ・・・ごめんごめんごめん」
「だからこそ今日は最高に!」
「でもちょっと今日はささぽんが・・・」

ささぽん呼び珍しいw
佐々木さんが体調不良で声が出せない中でのライブとなりました。
「静かだとなんかしおらしいね」
「かわいい、着ぐるみみたいw」
「いけんじゃない? アイドルの新しい形」
「みんな佐々木パート歌っていいからね」

04.冒険☆ミルキィロード!!

「見てくださいあっちにたこ焼きみたいな人がいますー!」
「どこどこ僕にもみせてーなー」
「みんな、それは木谷会長よ~♪」

05.泣き虫TREASURES

冒頭で御当地コーレスin大阪。
「たこ焼き! お好み焼き! その他! こ・な・もん!」
「なんでやねん! なんでやねん! なんでやねん! もうええわ」
なんばグランド花月! なんばグランド花月! なんばグランド花月! N・G・K!
「あいみ! あやさ! りみりん! あと誰だっけ?」
「あ~ 「あ~ 「あ~ 相羽だね!」」」

曲終わって、みもりんだけ汗をかいてない状態。
「先週までがきつすぎて・・・」
「女優じゃん」

続いてはソロ&デュオ曲コーナー。

06.NERORO☆おんど
07.ト・リ・コ
08.ぎみぃみるきぃ

「旗、バンドリで使わないからてっきり捨てられてるかと思ったらまだあったね」
みころんが誕生日タペストリーの話題をジェスチャーで振ろうとして、
「これくらいの? お弁当箱に? 日本酒日本酒ちょいと詰めて?」

09.Gorgeous Sensitive
10.ラッキー・フルスロットル
11.それはTOYS☆

橘田さんの投げキッスを横に置いたりポケットに詰めたり捨てたり投げ返したりするみもりんw

お便りのコーナーでは、みころんはタブレットに音声をサンプリングして参加。
「ありがとう」「うんうん」「なんでやねん!」「27歳や!」etc.

総天然色祭の「いってらっしゃい」が好きという話。
「いってらっしゃい、おかえりなさいを言ってくれるやつ作ろう」
「誰が言うのかランダムで」
「人気声優50選とか」
「ミルキィじゃないのw」

そらみこがアニゲーで語った、ファイナル発表時の地獄みたいな空気について。
「でも涙が嬉しいって言っちゃった」

公式グッズじゃないしましまを着ている人を見つけて。
「それオフィシャルのしましま? 違いますよね。しましま警察ー!
「グッズ買ってくんない?」
「着やすかったんだよ」
「だって後ろのしましまと太さが違うもん」
しましま探偵ー!

ミルキィホームズは最高に楽しい探偵ユニットです、というお便り。
「まぁね。他に探偵ユニットって『きるみんずぅくらいしかないし」
深夜ドラマで四色のアイドルユニットが出ていたらしい?
「うちら出してくれたらいいのに」

会場のお客さんの年齢は、上は65歳から下は6歳まで。
「アニメ2期くらいで生まれた、生粋のミルキアンだね」

「しゃべるの楽しかった! ただのトークイベントもやりたい」

「ラジオやれって話なんだけど」
「みこちゃん特にしゃべれてないから、5時間ぐらいしゃべってもらおう」

「正月からみこい酒」
「バケツで飲んでもらおう」
「正月と言えばTKOで餅ついたね」

定番の声かけ、男子・女子のあと、長男・次男・三男・一人っ子を聞いて自分でウケる徳井さん。
「どうしたの?」
「こういう割合なんだ~と思ってwwww」
ちなみに四男もいらっしゃいましたw

12.Reflection
13.TiCK TaCK

最初で最後?『TiCK TaCK』を披露。
時計の針を模した振付が映像に残らないのは残念すぎるので何かの形で販売して欲しいですね。

14.正解はひとつ!じゃない!!
15.毎日くらいまっくす
16.雨上がりのミライ

【アンコール】
EN01. ナマコソング
EN02. キミのなかのワタシ

アンコールは『ナマコの歌』。
1音目から歓声が上がるあたり、浸透してますねw
今回は特にみんなテンション低く低く歌っていました。
橘田さんのソロパートだけは逆に高音側に外した声でしたがw
「しましまの原点といえばナマコ」

そして『キミのなかのワタシ』。
元々がSV TRIBE(美郷あき、遠藤正明、きただにひろし)とのコラボ曲のため、ゲームEDかつ名曲でありながら極端に披露される機会が少なかった幻の曲です。
たしか過去に2,3回、森嶋さんと一緒に歌っていましたね。

みんなで記念写真&動画撮影。
「あの、平日なんで、本当に映っちゃダメな人は何とかしてくださいね」
『やっぱりミルキィ、バカになっても大丈夫ー!』
それぞれ〆のあいさつ。
今日はミルキアンのみんなの暖かさとミルキィの優しさに助けられました
泣いても笑っても次の武道館が最後。あ~ん、行けばよかったなんて思っても次は無いんです
迷っている人がいたら首根っこ捕まえて武道館に連れてきてほしい。後悔させるようなライブには絶対にしません

「楽しかったひとー! ミルキィもだよ?」
「言っておきたいことがあるけど、武道館で言うのもなんなんでここで言います」
「プロローグは明日色の間奏で回りながらすれちがうところがギリギリで、南無三!て思いながら踊ってる」

「ナムさんって誰?」

「平日でも何とかして集まってくれて嬉しいです」
「ミルキィでは事件がたくさんある↑んですよ。言えるものから言えないものまで」
「思い出がぽろぽろやってくる。本当にいろんなアウェイに挑戦していった」
「なんとなく過ごしていたら記憶ってどんどん忘れていっちゃうけど、こうして振り返ると蘇ってくる」
「何らかの形で、もっとしゃべりたい。生配信とかやりたい」

「ミルTUBEだ」
「悔いが無いようにみんなもいろんな欲望を駄々洩れしてください」

「楽しかったんだけど、悔しいって思うことがあって」
「みこちゃんがしゃべってないと寂しくて。やっぱり一人いないだけで・・・未満足・・・?」

「不完全燃焼」
「それ!」
「武道館では4人で楽しい軽快なトークを繰り広げたい」
「大戸屋で時間を忘れて昔話してたら遅刻した」
「正月はヒマだから生放送やりたい」

(どうやら1/1配信で調整中のようです)
「セカンドファイナル? セミファイナル?」
「終わるって終わってみないとわからない。10年やってきたことが終わるって想像つかない」
「みんなもいろいろ考えちゃうだろうけど、すっからかーんで待ってます」


最後にタオル曲。
相変わらずメジェドタオルがお気に入りな三森さんw

EN03 ミルキィアタック



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


みころん、体力的にも精神的にも辛いでしょうに、よく頑張ってくれました。
そして4人のチームワーク、優しさ、そしてピンチも笑いに変えるしたたかさを存分に見せていただきました。
なにがあっても明るく、元気に、前向きになれるのがミルキィホームズ・プロジェクトの最大の特徴なのかもしれません。
いよいよ武道館もすぐ目の前まで近づいてきました。
悔いの無いファイナルを・・・などと言うのは簡単ですが、実際にはああしてればよかった、こうしてたら違ったんじゃないかとぐるぐる考えてしまうことでしょう。
でもきっとこの4人なら最高に楽しいライブにしてくれると信じて、その日を迎えましょう。

|

« ミルキィホームズ Road to Final in 仙台!! | トップページ | キャラエキスポ2018 in USA -イベント編- »

ミルキィホームズ」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

橘田いずみ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。